Food-食に関すること

オートミールのおすすめ新レシピ!たった2つの下準備でより美味しく

 

最近オートミールってよく聞くけど一体何?

オートミールの美味しいレシピが知りたい!

Missy
Missy
約3-4年ほぼ毎朝、オートミールを食べている私が
オートミールの疑問、レシピについて紹介していきます。

よくあるオートミールのレシピは甘い物が多いですが、
今回紹介するレシピ達は甘いものではありません。

 

オートミールに苦手意識があった人、
新しいレシピを求めている人、
これからオートミールを食べてみようと考えている人に
是非試してもらいたいおすすめの食べ方を紹介しています。

オートミールのおすすめ新レシピ!たった2つの下準備でより美味しく

オートミールって何?

 

オートミールは簡単に言うと
オーツ麦(大麦・燕麦)を食べやすく加工した、シリアルの様な食べ物です。

 

オートミールは栄養バランスが非常に良い事から、
海外では朝食の定番メニューとしてよく食べられています。


海外モデルがよく雑誌、YouTubeでよくオートミール取り上げていますよね。


オートミールは炭水化物と比べて、

非常に高いタンパク質と食物繊維を多く含み、

さらにミネラルやビタミンが含まれています。


100gあたりの重さのオートミール、白米、玄米と食パンの栄養素を比べてみると、、、

  100gあたりのカロリー 100gあたりのタンパク質 100gあたりの食物繊維
オートミール 380kcal 13.7 g   9.6 g
白米 168kcal 2.7 g   0.5g
玄米 165kcal 2.6 g 3.0g
食パン 264kcal  9g 2.3g

 

ぱっと見、オートミールが1番カロリーがあるように見えますが、
オートミールの1食がだいたい30g-50gなので、
カロリーで見たら上記の半分以下を摂取することになります。


50gの量でかなりお腹いっぱいになります!


白米1膳が約160gで269kcalなので、オートミールの方が断然カロリー制限ができます。

タンパク質、食物繊維だけを見ても、
他の食材より栄養価が高い事が分かります。


ダイエットをしている人だけでなく、
健康面において気を付けている方にもおススメしたいです。


Youtubeでなかやまきんに君も
白米の変わりにオートミールを食べてるって言っていました。


オートミールにも種類があって、
既に加工されて小さくされているのは、どこのスーパーでも購入できますが、
サイズの加工がされていない大粒のオートミールが美味しいです。


加工されているものより、食べごたえがあります。
そこまで高い食品ではないので、
色々なオートミールを試して好きなサイズのものを見つけましょう。

「ジャンボオーツ」が一粒丸々のオートミールになります。


基本的なオートミールの作り方

下準備次第でもっと美味しくなる秘訣



オートミールの基本的な作り方と
もっと美味しくなるちょっとしたコツを紹介します。


まずは基本的な作り方から紹介します。

お鍋にオートミールを50g入れます。




ここで、軽く乾煎りすると香ばしくなって美味しいです。


オートミールは焦げやすいので、
香ばしい匂いがしたらすぐに火を止めて下さい。


お鍋に牛乳(豆乳)、または水をオートミールが軽く被る位まで入れます。



オートミールは朝食に食べる人が多いので、
前日の夜から水分に浸しておく人もいます。


私はオートミールを作る1時間前に水に浸してから、
作り始めています。

 

乾燥しているオートミールから作るより、
水分をきちんと吸った物を調理するとより美味しくなります。


時間が無い方は、ここを飛ばしても大丈夫です。
少しの手間で美味しくなるので、おためしあれ。


1時間でも浸しておくと、
このようにオートミールが水分を吸収しているのが分かります。



次は、オートミールをとろみが出るまで温めます。



これだけです。
水分の量でとろみが変わってくるので、
お好みのとろみ加減を見つけましょう。


水分の量で食べた時の柔らかさがだいぶ違うので、
お好みで調節して、お好きなオートミールの柔らかさを見つけてみてください。


水分が少ないとボソボソし、多いとトロトロした食感になります。


個人的には結構とろみがついた方が好きなので、少し多めに入れます。


入れ過ぎるとスープみたいになってしまうので、気を付けて下さい。


ちなみに、1晩浸したオートミールを温めずに、
グラノーラやシリアルのようにそのまま食べる人もいます。


【ド定番レシピ】バナナミルク(豆乳)+シナモン

 

ド定番で知られているオートミールの食べ方も
一応紹介しておきます。


イギリスで1番多く食べられている食べ方だと思います。

 

オートミールに牛乳か豆乳を入れ、
とろみがつくまで温めていきます。


とろみがついたら火を止め、お皿に盛り付けをしていきます。
切ったバナナをのせて、その上にシナモンをふりかけます。


お好みではちみつを入れて完成です。


簡単!

 

バナナに変わってりんごを入れてもOKです。
バナナとシナモンの代わりにベリー系のフルーツを入れるのも人気があります。


【新発見】オートミルクを使ってみる

 

甘いオートミールが食べられない私ですが、
雄一食べる事が出来た食べ方があります。


オートミルクを使ったオートミールです。


イギリスに住んでいる方でしたら、
ご存じかもしれないですが、オーツから出来ているミルクです。
そのままですね。


イギリスではすごい人気のあるオートミルクですが、
カフェやレストランでオーダーする人が急増しました。

急に人気になったので、一時期、オートミルクが品薄になってしまって、
オートミルクを使った食べ物が作れなくなってしまった
カフェ・コーヒーショップがありました。


オートミルクは豆乳よりもよりリッチな味わいです。

豆乳は好きじゃないけど、オートミルクは好きと言う人は多いです。

 

私が甘いオートミールが嫌いな第一の理由は、牛乳が嫌いだからです。


雄一、美味しいと思えたのが、
オートミルクを使ったオートミールにはつみつをかけたものでした。


基本的に甘いオートミールが苦手な私でも美味しいと思えたので、
私のような方にも試して欲しいです。


作り方は、牛乳・豆乳の代わりにオートミルクで
オートミールを温めていくだけです
出来上がったら、はちみつかけて完成です。

 


よく見るオートミールのレシピのほとんどが甘い系、フルーツ系が多いです。

牛乳、豆乳、(オートミルク)をベースとして作られ、
トッピングとしてフルーツ、ナッツを入れ、
甘みを出すために蜂蜜などを入れてオートミールは食べられています。

甘くないオートミールレシピ

だしと卵とじ

 

オートミールを水で温めていきます。

そこにほんだし(なんの出汁の元でもOKです)を入れてかき混ぜます。

卵を落として、もう一度軽くかき混ぜ完成です。


写真のように卵は先に溶かずに入れてしまって、
鍋の中で混ぜてもらっても問題ないです。

私はめんどくさがりなので、溶かずにそのまま入れてます。

見た目はもちろんの事、味も卵とじのお粥です!
すごく簡単に作れて、すっごい美味しいです!



トッピングに黒ゴマをのせても美味しいです。




中華風

 

オートミールを水から温めて、
お醤油を入れてよく混ぜて卵を入れます。


お醤油と一緒のタイミングで、
鶏がらスープの素をたまに入れます。


鶏がらスープはイギリスで購入できないものなので、
毎回は入れてないですが、入れた方が美味しです!


こちらも、卵は先に溶いてもそのまま入れてもどちらでもOK!

溶いて入れたら卵とじ風、
そのまま入れたらゆで卵入り風になります。


最後にごま油をさっといれて、ネギでトッピングしたら完成です!


この味付けは何度食べても飽きません!大好き!

塩・コショウ【シンプル イズ ベスト】

 

オートミールを水から温めて、
塩・コショウのみで味付けです。


これでおしまい笑


簡単で本当においしい!


お好みで卵を入れる時もあります。

塩・コショウはどこにでもあるので、
材料はなしで作れるオートミールです。

サバ缶入り

 

オートミールを水から温めて、
サバ缶のオイルを抜いた身のみを入れます。

入れる前に身をほぐしてからの方が、食べやすくなります。



今回使用したサバ缶はALDIのです。
サバ缶に入っているオイルは使いません。





お醤油を入れて、味を調えて完成です。


こちらもゴマ、ネギをトッピングしていれると美味しいです。


もしALDIのサバ缶を使用する場合は結構しょっぱいので、
お醤油の入れ過ぎに注意してください。


やっぱりALDIなので、The チープ の味なのです。。。



ALDIのチープなサバ缶もいいけど、
きちんとお金を払って美味しいサバ缶を食べたい時だってある!




トマトリゾット風 

 

オートミールを水から作り、
トマトのペースト(パスタに混ぜて食べるペースト)を入れて、
刻んだオリーブにオレガノを入れて、完成です。


今回は家にあった黒オリーブを入れました。




新しい味を探していて、
試しに作ってみたらトマトリゾットの様でおいしかったです!


オートミール+トマトペースト+オリーブも意外と合う!

意外な感じですが、美味しかったです。


前日残りのスープ

 

前の日に食べたラーメンのスープ、肉じゃがの汁、
味の美味しいスープを取っておきます。


お水の代わりにそのスープを使って、オートミールを作っていきます。


私は、日本の汁もの系の時はかなりの確率で
スープを残しておいて次の日のオートミールに使ってます。

 

日本の調味料高いから1滴も捨てたくなくて。。。
そうです、ただの貧乏性です。


辛ラーメンのスープとオートミールの相性抜群です!


辛ラーメンのスープから作ったオートミールは美味しいでので、
捨てたらもったいないですよ。

この日は卵ともやしを入れて、
チゲ雑炊風のオートミールを作りました。



わざわざ作る必要はないですが、
前日からのお味噌汁が残っていたら、ラッキーです。


是非、お味噌汁でオートミールを作ってみてください。
私は、大好きな味です!


基本的に何でもいいので、
味の美味しい残りのスープを取っておいて、
それにオートミールを入れて作ってみましょう。

だいたい美味しいです!

まとめ


オートミールの事を少しでも分かっていただけましたか?


オートミールは栄養価がすごく高い。



タンパク質、食物繊維が豊富で、それに調理がとても簡単!


オートミール1パック当たりの値段も高くありません。

オートミールを作る前にちょっとした下準備をすると
さらに美味しくなる事も分かりました。


・乾煎りをして香ばしさを出す

・1晩水分に浸しておく(最低1時間でも)



そして、今回は甘くないオートミールの食べ方も紹介しました!



よくあるオートミールのレシピが甘い物ばかりなので、
このブログ記事を読んでいただいたきっかけとして、


甘くないオートミールも是非作ってもらえたらと思います。


甘いだけがオートミールじゃないですよ!


基本的に、特別買わないといけない材料はないので、
オートミールがあれば今日から作る事ができます。


毎日食べても、全く飽きる事なく食べ続けられるオートミール。
その日の気分で、味付けを変えていくのも楽しいです!


オートミールを食べない理由がないです!


新しい食べ方を発見したら、また更新します!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です